中国、借金抱える企業救済 債務の株式化解禁

2016/10/31 0:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】中国は企業の借金を株式に転換する「債務の株式化」に動き出した。解禁は17年ぶりで、過剰な借金を抱える企業を実質的に救済する。第1陣として宝山鋼鉄と統合する武漢鋼鉄などが具体策の検討に入った。規模は最大で年2千億元(3兆円超)に達する見込み。非効率な企業の延命につながり、構造改革が先送りされるとの懸念も強い。

武漢鋼鉄は中国建設銀行と進める。両社で基金を創設。武漢鋼鉄は建設銀の借金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]