米英、強まる「自国第一」 揺らぐ世界秩序

2017/1/29 1:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=吉野直也、ロンドン=小滝麻理子】トランプ米大統領は27日、メイ英首相と会談し「特別な関係」の強化で一致した。20日の大統領就任後で初の首脳会談。米英はともに「自国第一」を唱え、理念より実利を重くみる。戦後の民主主義や自由貿易の体制を主導してきた米英関係の変質は、世界秩序の安定に影響を与える可能性がある。

首都ワシントンのホワイトハウス執務室。正午すぎに始まった首脳会談の冒頭、トラン…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]