/

この記事は会員限定です

米の難民制限、世界が懸念 国連機関「役割継続を」

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は27日、難民の受け入れ停止や、イスラム教国を念頭にした「テロ懸念国」の一般市民への入国禁止を指示する大統領令に署名した。対象は1億3千万人以上にのぼる。移民国家である米国が外国人に門戸を閉ざし、宗教差別を公然と標榜したことに対し、世界から懸念の声が高まっている。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と国際移住機関(IOM)は28日、難民らの保護で米国が果...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン