/

この記事は会員限定です

ロッテHD会長が代表権返上 創業者の重光武雄氏、名誉会長に

[有料会員限定]

【ソウル=加藤宏一】ロッテホールディングス(HD)は28日、取締役会を開き、創業者の重光武雄会長(92)が代表権を外れ、名誉会長に就く人事を決めた。武雄氏が前身のロッテを1948年に設立して以降、代表権を外れるのは初めて。すでに武雄氏の次男で副会長の重光昭夫氏(60)に代表権を付与しており、今後は昭夫氏を軸に日韓ロッテの一体経営を強化し、東南アジアなど海外展開を加速する。

28日午後に発表する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン