2018年5月23日(水)

トランプ氏、温暖化規制撤廃に署名へ 新大統領令

2017/3/28 13:30
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は28日、オバマ前政権で導入した地球温暖化対策の多くを撤廃し、国産の化石燃料の生産を促す大統領令に署名する。複数の米メディアが報じた。米の温暖化ガス排出の増加につながる可能性がある。

 国産エネルギーの利用を妨げる規制を特定、廃止することを関係省庁に命じる。前政権は火力発電所の二酸化炭素(CO2)排出規制やシェールガス・オイルの採掘規制を公表したが、これらを覆す可能性がある。

 トランプ氏は石炭産出州の雇用・経済のため、前政権の温暖化規制の撤回を公約。2016年11月に発効した温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」についても離脱の意向を表明していた。

 トランプ氏は24日、カナダから米メキシコ湾に原油を運ぶ「キーストーンXLパイプライン」の建設・運営を承認した。今回の大統領令はこの承認に続き、政権の温暖化への懐疑的な姿勢を示す判断となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報