ミャンマー、外資の卸販売容認 特区進出条件に

2015/5/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ヤンゴン=松井基一】ミャンマー政府はこのほど、輸入販売業に対する外資規制を大幅に緩和した。同国南東のティラワ経済特区に進出した海外企業に対し、特区内での一定の投資などを条件に輸入した製品のミャンマー全土での卸販売を認める。従来輸入販売は外資参入を禁じていた。ミャンマー市場攻略を目指す海外企業にとって大きな追い風となりそうだ。

政府の特区管理委員会が27日付で政令を公布した。従来ミャンマーでは外…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]