Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]マクロン、ルペン両候補、怒れる労働者と対話(社説)

2017/4/28 15:25
共有
保存
印刷
その他

 フランス北部アミアンにある米家電大手ワールプールの工場の従業員は、グローバル化が引き起こす不安をよく知っている。最初の人員削減は2002年、白物家電の生産の大部分がスロバキアに移された時だった。その後も人員整理の波は続き、賃金据え置きの労働時間延長も加わった。そして今、すでに地域内に多くの前例があるように、買い手が見つからなければ工場は閉鎖されることになる。従業員の再就職の頼みの綱は、米アマゾン・ドット・コムの新しい物流センターだろう。

■アミアンはマクロン氏の出身地

 同じアミアンの出身でも裕福な地区で育ったエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相にとって、もとよりすんなり行くはずのない訪問だった。さらに悪いことに、仏大統領選の第1回投票でトップに立ったマクロン氏が密室で労働組合幹部らと話し込んでいる間に、決選投票で対決するマリーヌ・ルペン氏がワールプールの工場を訪れ、ピケを張る労働者から熱狂的に迎え入れられていた。ようやく工場の正門にたどり着いたマクロン氏を待っていたのは、抗議の口笛と燃やされたタイヤのにおいだった。

 この選挙戦の一幕は、フランスの有権者にとっての選択を端的に表している。マクロン氏は人々に変革を受け入れるよう訴え、グローバル競争に対して開かれた経済の中で繁栄に道を開くと約束している。これに対し、ブルーカラーの労働者を守ると約束して支持を得ているルペン氏は、国境管理と国家の介入という方法で旧来の産業を守ろうとしている。

 マクロン氏がルペン氏の公約は幻想だと切り捨て、その政策構想は雇用の回復でなく破壊につながるとしているのは正しい。ワールプールの工場でも、ルペン氏の支持者でありながら同氏の政策のおかしさを認める人たちがいる。多くの人が確信でなく怒りからルペン氏支持に転じているのだ。

 労働者階級の有権者は、境遇の改善をほとんどもたらさなかった社会党政権に仕えたマクロン氏を信用しようとしない。第1回投票で急進左派のジャンリュック・メランション氏を支持した2割弱の有権者を取り込もうにも、この段階でマクロン氏が訴えられることはほとんどないかもしれない。したがって、決選投票でルペン氏に大勝するとは、とても言い切れない。

■やじで始まり握手に終わった対話集会 

 だが、アミアン訪問が戦術的には失策であったとしても、マクロン氏は敵意を示す聴衆と議論する勇気と粘り強さを示した。マクロン氏は筋の通った論で相手を納得させることに力を尽くし、やじで始まった対面は45分後に握手で幕を閉じる結果となった。

 来週末の決選投票で勝つのがマクロン氏であるとして、同氏がいま語っていることよりもはるかに重要なのが次の5年間で何をするのかだ。現実として、経済的自由主義と社会的保護というマクロン氏の処方箋は、脱工業化が進むフランスの地方経済の再生に最大の希望をもたらす。決定的に重要なのは、幻滅した怒れる有権者に対し、主流派の政府が生活の向上をもたらせるということ、そして実際にもたらすのだということを示すことだ。さもないと、絶望して左右の両極に票を投じた49%の有権者が多数派に変わりかねない。

(2017年4月28日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

グローバル経済への信頼の低下はトランプ米大統領の誕生によっても示された=AP

AP

[FT]民主主義 危うい資本主義との“婚姻関係” [有料会員限定]

 民主主義が後退している。自由なグローバル経済への信認も低下している。民主主義と資本主義は本来、“婚姻関係”にあるが、何度も危険な状態に陥った。今も厳しい局面に見舞われている。
 米人権団体フリーダムハ…続き (9/22)

ホワイトハウスで8月、中国との貿易について調査を命じる覚書に署名したトランプ大統領と主要閣僚。右から2番目がライトハイザー通商代表部代表=ロイター

ロイター

[FT]米、中国の知財侵害対策で日欧に協力要請 [有料会員限定]

 トランプ米政権が、中国に進出する外国企業の最大の懸念の一つである中国の知的財産権制度をめぐる問題を解決するため、対中国で欧州連合(EU)と日本に協力を求めている。
 米国はこの夏に中国による知的財産権…続き (9/22)

グーグルのデータセンターをルクセンブルクに(写真は米オクラホマ州のデータセンター)

[FT]グーグルのデータセンター、ジャガイモ農家から用地確保 [有料会員限定]

 ルクセンブルク政府は、中部ビッセンのジャガイモ畑の地主との困難な争いに決着をつけた。地主側が小さな土地の売却を拒んでいたことで、米グーグルの数十億ユーロの投資を呼び込む政府の努力が水の泡となる恐れが…続き (9/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<9/18の予定>
  • 敬老の日
  • 8月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 9月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 7月の対米証券投資(19日5:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/19の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 9月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 9月のESPフォーキャスト調査(日本経済研究センター、15:00頃)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(5日開催分、10:30)
  • 9月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • 4~6月期の米経常収支(21:30)
  • 8月の米住宅着工件数(21:30)
  • 8月の米輸出入物価指数(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/20の予定>
  • 【国内】
  • 8月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 4~6月期の資金循環統計速報(8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 日銀金融政策決定会合(21日まで)
  • 鈴木日証協会長の記者会見(14:30)
  • 三村日商会頭の記者会見(15:00)
  • 8月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 8月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 東証ジャスダック上場=ニーズウェル
  • 【海外】
  • 8月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 8月の英小売売上高(17:30)
  • 8月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表(21日3:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が会見(21日3:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/21の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合の結果発表
  • 8月の白物家電出荷額(JEMA、10:00)
  • 8月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 8月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 8月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、15:00)
  • 黒田日銀総裁が記者会見(15:30)
  • 西川自工会会長の記者会見
  • 日商通常会員総会
  • ゲーム見本市「東京ゲームショウ」が開幕(幕張メッセ、24日まで)
  • 【海外】
  • フィリピン中銀が政策金利を発表
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 9月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 8月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • インドネシア市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<9/22の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 7月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 前日銀審議委員の木内登英氏が会見(日本記者クラブ、15:00)
  • 社員に違法残業をさせたとして労働基準法違反に問われた電通の初公判(東京簡裁)
  • ゲーム見本市「東京ゲームショウ」(幕張メッセ、24日まで)
  • 東証マザーズ上場=PKSHA Technology
  • 【海外】
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • 9月の仏購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 9月の独PMI速報値(16:30)
  • 9月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 産油国閣僚会議(ウィーン)
  • メイ英首相が欧州連合(EU)離脱で重要演説
  • ジョージ・カンザスシティー連銀総裁が講演(22:30)
  • 9月の米購買担当者景気指数(PMI)速報値(IHSマークイット調べ、22:45)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が講演(23日2:30)
  • マレーシア市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]