2019年2月16日(土)

ロシア、野党指導者を15日間拘束 「挑発」と集会批判

2017/3/27 22:17
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=共同】モスクワの裁判所は27日、ロシア各地でプーチン政権の腐敗に抗議する集会を組織した野党指導者ナワリヌイ氏に対し、警官の指示に背いたと認め、15日間の拘束を許可し、罰金2万ルーブル(約3万9千円)を科した。タス通信などが報じた。

ペスコフ大統領報道官は27日、集会について「欺瞞(ぎまん)と挑発」により、違法な集会に若者を連れ出したとして批判した。また「若者は、当局に拘束されれば金銭的報酬を支払うと告げられていた」と主張した。

26日の集会は80以上の都市で行われ、モスクワとサンクトペテルブルクでは各1万人規模に達したとみられる。野党側によると、被拘束者はモスクワだけで千人を超えた。ただ、多くは既に釈放されたもようだ。

ペスコフ氏は、米欧が被拘束者の釈放を求めていることに対しては「同意できない」と拒否した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報