アジア開銀、官民利害対立に解決策 インフラ整備で

2017/5/1 12:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】アジア開発銀行(ADB)は、政府と民間企業によるインフラ整備で生じる利害対立を中立的な立場で解決する取り組みを始める。鉄道インフラの整備で需要予測が官民で異なり、事業が頓挫するといった事態を防ぐ。4日から横浜で始まる年次総会で発表する。

アジアでは政府が民間の資金やノウハウを活用する官民パートナーシップ(PPP)方式でのインフラ整備が増えており、東南アジア各国は40~50件ほど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]