/

軍事費6兆円増へ トランプ氏「歴史的拡大」

巨額インフラ投資にも言及

【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスで州知事らと会談し、2018会計年度(17年10月~18年9月)予算案の概要を説明した。軍事費について「歴史的な拡大となる」とした。米メディアによると、軍事費は17年度の約1割にあたる540億ドル(約6兆円)増やす。トランプ氏は「米軍の再建」を掲げていた。「巨額のインフラ投資をする」とも述べた。

軍事費増額の代わりに外交を担当する国務省、地球温暖化対策を担当する米環境保護局(EPA)などの予算を540億ドル分削るという。「米国第一」を掲げ、温暖化に懐疑的なトランプ政権の方針を反映した予算案になる。

治安対策や司法機関の予算も強化する。トランプ氏は「再び戦争に勝ち始めなければならない」としたうえで、今回の予算は「公共安全と国家安全保障の予算になる」と説明した。トランプ氏は28日に議会の上下両院合同本会議で演説し、予算案の背景となる経済政策などの具体策について演説する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン