アップル、AI開発で「秘密主義」転換

2017/3/17 9:52
共有
保存
印刷
その他

 【オースティン(米テキサス州)=兼松雄一郎】米アップルが人工知能(AI)開発で従来の「秘密主義」を転換しつつある。業界団体への参加が公表されたほか、AIの著名な技術者や研究者が集まるイベントにも社名を名乗って参加し始めた。アップルに入社すると開発の秘密主義ゆえに論文発表や社外との交流がしにくく、人材の獲得競争で後れをとっていた。

 サービスへのAI組み込みの重要性が増す中、秘密主義で知られたアップルも方針転換を迫られた形だ。

 グーグルを傘下に持つアルファベット、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、マイクロソフトなどAI開発のトップ企業が参加する業界団体「人々と社会に貢献する人工知能のためのパートナーシップ」にこのほどアップルも正式に加わった。

 同団体はAI普及を後押しするために設立された。有識者や市民団体も巻き込み、暴走を防ぐ仕組みなど開発の指針作り、共同研究に取り組む。ある程度他社にも開発の手の内を明かす必要があり、アップルは当初は参加を控えていた。

 3月末に米サンフランシスコで開催されるAI技術者のイベント「自動運転マシンインテリジェンス・サミット」にアップルの研究者が登壇する。アップルはAIベンチャー買収や著名研究者のスカウトも活発化させている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
14:57
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報