2019年8月22日(木)

グーグル、選択と集中急ぐ 不採算事業凍結・撤退

2017/1/28 0:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=小川義也】米グーグルの持ち株会社アルファベットが、新規事業やその予備軍の選択と集中を急いでいる。自動運転車の開発から不老長寿の研究まで数々の野心的なプロジェクトを立ち上げてきたが、お金の使い方に「規律」を求める投資家に背中を押された格好だ。不採算事業の凍結や撤退で収益は改善しつつあるが、萎縮しすぎれば必要な投資機会を逃す「もろ刃の剣」でもある。

「『その他』部門については、それ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。