/

世界の若者、11億人が聴覚障害の危険性 WHO調査

【ジュネーブ=原克彦】世界保健機関(WHO)は27日、世界の中・高所得国に暮らす12~35歳のうち、約11億人が聴覚障害に至る危険性があるとの調査結果を発表した。イヤホンなどを使うオーディオ機器の多用や、スポーツイベントでの騒音も悪影響を与えているという。大音量で音楽を流すナイトクラブなどで働く人にも注意を呼びかけている。

WHOによると調査対象の50%近くが安全でない音量で個人向けオーディオ機器を使用している。40%はコンサートやスポーツ観戦など娯楽イベントで、鼓膜に損傷が起きる懸念のある音量にさらされている。WHOは85デシベル超で8時間、100デシベル超なら15分を過ぎると危険だとしている。

先天性のものや加齢によるものも含めると、聴覚に障害を持つ人は世界で3億6千万人にのぼる。WHOはこのうち半分は回避可能だと指摘。対策として個人向けオーディオ機器の利用を1日1時間までにとどめたり、騒音が著しい場所に行く際に耳栓を使ったりするよう勧めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン