独VW、14年12月期の純利益20%増

2015/2/28付
共有
保存
印刷
その他

 【フランクフルト=加藤貴行】独フォルクスワーゲン(VW)が27日に発表した2014年12月期決算は、純利益が前期比20%増の108億4700万ユーロ(約1兆4500億円)だった。傘下の高級車メーカー、アウディとポルシェの販売が伸び収益性が向上した。営業利益は9%増の126億9700万ユーロと大きく伸び、過去最高を更新した。

 売上高は3%増の2024億5800万ユーロ、新車販売台数は4%増の1014万台と、これらも最高を更新した。会計上は金融収支に計上される中国事業も好調な販売が続き、利益に貢献した。

 15年12月期の業績見通しは売上高が最大4%増、売上高営業利益率は5.5~6.5%になると見通した。前期の利益率は6.3%。南米やロシアの販売低迷が続き、VWブランドの乗用車部門のコスト削減もこれから本格化するため、今期はグループの収益性が低下する可能性がある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 1:00
1:00
信越 2:00
2:00
東海 4:00
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報