/

この記事は会員限定です

アップル、新興国に小型iPhone 販売減速を挽回

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルは今年春、画面サイズが4インチ前後で小型のスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」を発売する計画だ。関係者によれば、すでに生産を始めた。価格は大画面の最新モデルよりは安くなる見通し。新興国市場を中心に販売することで利用者を増やし、端末上のアプリなどを通じてソフトやコンテンツの売り上げを伸ばして、スマホ自体の販売の伸び悩みを補う戦略を一段と進め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1325文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン