/

ゲーム機接続障害、MSは一部復旧 ソニーは障害続く

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米マイクロソフト(MS)とソニーのゲーム機のネット接続機能に25日から出ていた障害は、26日になってMSのサービスについては一部の機能が復旧した。一方、ソニーは26日夕の時点で障害が続いているもよう。犯行を予告していた有名ハッカー集団「リザード・スクワッド」が犯行声明を出しており、外部からサイバー攻撃を受けた可能性が高い。

リザードはオンラインゲームを狙うことで知られ、大量の情報を送りつけてシステムに処理しきれない負荷をかける「DDoS攻撃」を得意とする。リザードはツイッター上で両社への攻撃を中止したと宣言した後、MSの接続機能が一部復旧した。ただ、課金、他の利用者との交流などの機能の一部にはまだ制限がかかっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン