[FT]ハンガリーはEUの価値を順守せよ(社説)

2017/4/27 14:20
保存
共有
印刷
その他

Financial Times

ハンガリーのオルバン首相の日増しに色濃くなる「非リベラルな民主主義」は、欧州連合(EU)の価値観とかけ離れている。同氏はこのほど、首都ブダペストにある「中央ヨーロッパ大学(CEU)」を閉鎖に追い込みかねない、外国籍の大学に対する規制強化という攻撃に出た。CEUは中・東欧のなかでも最高レベルの大学院だ。この学問の自由に対する攻撃は、外国資本を受けた非政府組織(NGO)へのより広範な取り締まりの一環をなしている。

投資家ソロス氏設立の大学、閉鎖も

CEUは26年前、ハンガリーの共産主義体制後の時代に米著名投資家のジョージ・ソロス氏が設立した。今回の攻撃はロシアのプーチン大統領をほうふつとさせる。ロシアも3月、ソロス氏が支援する別の大学、サンクトペテルブルクのヨーロッパ大学を閉鎖した。ハンガリー出身の慈善家で「開かれた社会」の擁護者である富豪のソロス氏は、反リベラルなオルバン氏を痛烈に批判している。そのオルバン氏は、ソロス氏がNGOや反対勢力を支援することでハンガリーの内政に干渉していると信じ込んでいる。実際のところ、ソロス氏は単に、攻撃の対象として使い勝手のいい新たな外敵なのかもしれない。

オルバン氏はこの何年も、民主主義と法の支配を後退させながら、難民の取り扱いと、移民受け入れの分担を義務付ける割当制度に抵抗するなどしてEUを軽視してきた。そして、オルバン政権はいまや、寛容と忍耐というEUの価値観に逆らうと同時に、EUが政府による減税や雇用創出の妨げになっていると批判して、EUへの支持を低下させようと、より直接的な攻撃に出ているように見える。

正当な理由から、同国国民の間にはEUに対する支持は依然根強い。ハンガリーは旧ソ連圏の崩壊以降、西欧の機関に加盟することで多大な恩恵を受け、同国国民は大陸全土で雇用を見つける権利を謳歌してきた。ハンガリーは、EUから数百億ユーロという助成金を受け取り、これから2020年までの間に地域間格差を解消するための「構造基金」を受け取る国として、加盟国の上位に入る予定だ。

しかし、EUの加盟国でいるには、最高水準の民主主義を順守するといった義務が伴う。オルバン氏は、報道機関や学問の自由、そして抑制と均衡の体制を弱体化する攻撃に出て、EUに対する義務を体系的に損なっている。

EUはハンガリーのEU基金使用の精査を

これまで、この言うことを聞かない加盟国に対するEUの対応は手ぬるかった。だが、EU欧州委員会のティメルマンス第1副委員長は26日、ハンガリーの新たな教育法が、組織設立やサービス提供の自由といったEU単一市場の法律に背いていないか、十分な法的評価を行うよう命じた。これは、ハンガリー政府に抵触疑惑に対する説明を求める侵害訴訟で第1段階となる、正式な「通知書」へと発展する可能性がある。

これは小さな一刺しだ。EUは加盟国の規則を強化するため、限られた手段をより効果的に使う必要がある。さらに、ハンガリーによるEU基金の使用に汚職疑惑がないか、一段と慎重に精査すべきだ。

その間、ドイツのメルケル首相は、欧州議会最大勢力で中道右派の欧州人民党(EPP)に所属するオルバン氏率いる中道右派の「フィデス・ハンガリー市民連盟」をEPPから追放する動きを主導し、EUの価値観を守る強烈な合図を送るだろう。ただし、メルケル氏率いる保守系のキリスト教民主同盟(CDU)は、今のところ追放の動きに抵抗を示している。フィデス・ハンガリー市民連盟を追放してしまえば、EPPは欧州議会で保有する過半数を割り込んでしまうためだ。

オルバン氏は16年、移民が欧州の社会福祉に寛容な国々とEU域内の国境開放を悪用していると警告を発した。オルバン氏はハンガリーの首相として、まさに同じ文脈でEUを悪用しようとしている。つまり、EUの価値観に対してあからさまな攻撃を仕掛けてもEUからの反応が薄いことを期待する一方で、貴重な資金をEUから搾り取っている。オルバン氏と東欧全域の「非リベラル」思考の波を食い止めるには、EUは代償を科さねばならない。

(2017年4月27日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]