「ウィンドウズ10」導入端末、7500万台突破

2015/8/27付
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=小川義也】米マイクロソフト(MS)は26日、7月29日に世界190カ国で提供を始めた最新の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を導入したパソコン(PC)やタブレットの数が7500万台を突破したと発表した。同社は「10」を搭載した端末数を3年以内に10億台にする目標を掲げているが、滑り出しはまずまずといえそうだ。

MSは「7」以降のウィンドウズ利用者を対象に、1年間限定で「10」に無料でアップグレードできるようにした。先月30日には提供開始から24時間で、導入端末数が1400万台を超えたことを明らかにしていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]