/

「慰安婦の日」法制化へ 韓国国会委員会で可決

【ソウル=峯岸博】韓国国会の女性家族委員会は27日、毎年8月14日を旧日本軍の従軍慰安婦問題の記念日とすることを盛りこんだ慰安婦被害者生活安定支援・記念事業法の改正案を可決した。近く本会議で成立する予定。来年から韓国では8月14日が法定の「慰安婦被害者をたたえる日」になる見通しとなった。

8月14日は、1991年に韓国で最初に慰安婦だったと名乗り出た女性が初めて公の場で被害を述べた日。文在寅(ムン・ジェイン)政権は7月に発表した国政運営5カ年計画で、2018年に慰安婦問題の記念日を制定すると表明していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン