/

ジャマイカ、4年ぶり政権交代へ 女性首相の与党敗北

【ロサンゼルス=共同】カリブ海のジャマイカで25日、総選挙が行われ、野党ジャマイカ労働党(JLP)が下院63議席のうち33議席を獲得し、女性のシンプソンミラー首相(70)が率いる与党人民国家党(PNP)に勝利した。約4年ぶりの政権交代となる。地元メディアなどが報じた。

JLPのアンドリュー・ホルネス党首(43)が近く首相に就任する見通し。ホルネス氏は2011年10月に39歳で同国史上最年少の首相に就任したが、総選挙で敗北し2カ月余りで退任していた。

巨額の債務や高い貧困率が同国の大きな問題。ホルネス氏は雇用を大幅に創出し経済を活性化させると述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン