/

米ニュージャージー州、エボラ患者接触者の隔離緩和

【ワシントン=川合智之】米ニュージャージー州のクリスティー知事は26日、エボラ出血熱の患者と接した渡航者の強制隔離措置を緩め、自宅待機でも可とする方針を明らかにした。オバマ政権が強制隔離を撤回するよう働きかけたのを受け、ニューヨーク州のクオモ知事も同日、自宅待機に変更していた。医療従事者らの反発に加え、科学的でないとの批判に配慮したとみられる。

クリスティー氏は26日の声明で「症状のない州住民」を対象に、病院での隔離ではなく自宅に戻ることを許可した。シエラレオネでエボラ熱治療にあたり24日に帰国した女性看護師はニュージャージー州の病院に強制隔離され、米CNNテレビで「基本的人権の侵害だ」と反発。提訴する意向を示唆していた。

オバマ大統領は26日に開いた対策会議で「医療従事者を不必要に意気消沈させることがないようにすべきだ」と主張し、強制隔離によってボランティアで治療に向かう医療従事者の意欲がそがれることに懸念を示した。現地に派遣した米兵にも影響が出かねないと判断したもようだ。

米政府は西アフリカからの渡航者に対し、強制隔離はせず、体調を自主的に当局へ報告するよう求めている。一方、ニューヨーク、ニュージャージー州に加えイリノイ州も強制隔離に賛同していたが、現時点で対応は不明だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン