/

この記事は会員限定です

米当局、広告記事・口コミの情報開示勧告 消費者保護へ

[有料会員限定]

【ラスベガス=兼松雄一郎】米連邦取引委員会(FTC)は年末をめどに広告記事や口コミへの規制を厳格化する。コミッショナーのテレル・マクスウィーニー氏は日本経済新聞の取材に対し、企業が宿泊費や交通費など高額を負担して執筆を促した商品の記事など、実質的に広告に近い記事に情報開示を勧告していく方針を明らかにした。開示を忌避した場合、調査が入り、罰金を科されることもありうる。

偽ニュースが氾濫し、情報の客観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン