/

韓国LG、有機EL工場新設を発表 超大型基盤を採用

【ソウル=小倉健太郎】韓国LGディスプレーは27日、韓国北西部の坡州(パジュ)に有機ELパネルの工場を新設すると正式に発表した。総投資額は10兆ウォン(約1兆700億円)以上。2018年上半期に最初のラインを稼働させ、段階的に拡大する。スマートフォン(スマホ)などに使う中小型に加え、テレビ用の大型パネルも作る。

米アップルが2018年に発売するスマホで有機ELパネルの一部採用を決めたほか、車載ディスプレーなどとしても需要が拡大するとみて増産体制を整える。

新工場の敷地は約10万平方メートル。年内に着工する。中小型パネル用や大型用に複数のラインを作る。LGは「(画面を曲げられる)フレキシブルディスプレーや透明ディスプレーなども含めたあらゆる種類のパネルに対応する」としている。

パネル基板は大型用は最先端の第8.5世代(2200ミリ×2500ミリ)を上回る世界最大サイズを使う。中小型も現在最大の第6世代(1850ミリ×1500ミリ)より大きくできるかどうか検討する。基板が大きければ大きいほどパネルを切り出した後の無駄が減るため生産効率が高まる一方、技術的には難しい。

投資額は建屋と電気や水などのインフラ整備だけで1兆8400億ウォンを見込む。最終的な生産設備の規模は市場動向に応じて決める。超大型の液晶パネルを作るラインも導入する可能性がある。

LGは韓国南部の亀尾(グミ)工場内にも1兆500億ウォンを投資し、中小型有機ELパネルの生産ラインを2017年に新設する計画だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン