/

米海軍長官候補が辞退 トランプ政権の人事停滞

【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領が海軍長官に指名した投資家フィリップ・ビルデン氏が26日、指名を辞退した。家族の利益相反問題などが原因で「米政府倫理局の基準を満たせない」としている。これまでに労働長官や陸軍長官の候補も指名を辞退しており、トランプ氏の政権づくりは近年で最も遅れている。

米国防総省が発表した。マティス国防長官は声明で「残念だが判断を尊重する」と述べた。ビルデン氏は陸軍予備役の経験はあるが、香港の投資会社の経験が長かった。

陸軍長官に指名された投資会社創業者ビンセント・バイオラ氏も利益相反問題で今月、指名を辞退した。同氏はビルデン氏とともに、大統領選でトランプ陣営の顧問を務めていた。

労働長官候補だったファストフードチェーン経営者のアンディ・パズダー氏は15日、不法移民を家政婦として雇っていた問題などで、上院で承認に必要な賛成票を得られる見通しが立たず、指名を辞退した。

トランプ政権では上院での閣僚承認も遅れており、商務長官やエネルギー長官、住宅都市開発長官などが未承認となっている。各省の次官など政治任用ポストもほとんどが空席のままだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン