/

中国、ブルキナファソに金銭で台湾と断交持ちかけか

【台北=伊原健作】米通信社ブルームバーグは25日、中国が台湾と外交関係のある西アフリカのブルキナファソに対し、500億ドル(約5兆7000億円)を供与する見返りに、台湾と断交して中国と国交を結ぶよう持ちかけていたと報じた。中国は台湾独立を志向する民主進歩党の蔡英文政権が米国に接近する事態に反発し、外交圧力を強めている。中国が露骨な「金銭外交」で攻勢をかけてきたとして台湾側は警戒を強めている。

ブルームバーグや台湾メディアによると、ブルキナファソの閣僚が中国側からの提案があったと具体的に明らかにし「金銭で外交関係を見直すことはない」などと述べたという。台湾の外交部(外務省)は「ブルキナファソとの関係は安定している」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン