ギリシャ首相、EUと板挟み 独仏首脳が新提案

2015/6/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【アテネ=佐野彰洋、ブリュッセル=赤川省吾】メルケル独首相とオランド仏大統領は26日、ギリシャ支援の再開を巡ってチプラス首相と会談した。独仏首脳は「最後通告」として構造改革を断行すれば、支援期間を5カ月間延長することを伝えた。チプラス首相は有権者の離反覚悟でこの案をのむのか、改革を拒むのか。30日には国際通貨基金(IMF)への債務返済期限が迫る。

「債権団は非常に寛大な提案をした。チプラス首相に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]