/

米J&J、バイオ医薬のアクテリオン買収 3.4兆円で

【フランクフルト=加藤貴行】米医薬・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は26日、スイスのバイオ医薬品大手アクテリオン・ファーマシューティカルズを買収することで合意したと発表した。買収額は300億ドル(約3兆4200億円)。J&Jはアクテリオンが分社化する研究開発部門にも16%出資。アクテリオンが持つ新薬候補を取り込み、医薬部門を強化する。

両社の取締役会が合意した。J&Jはアクテリオン1株あたり280ドルと直近から3割強上積みした価格を提示し、2月からTOB(株式公開買い付け)を始める。

アクテリオンは肺動脈高血圧症の治療薬などを有する。J&Jは高い成長が見込めるバイオ医薬品の製品群を取り込み、医薬品部門の収益力を高める。地域的な補完関係も築けるという。

またアクテリオンは新薬探索などの研究開発部門を分社化し、スイス証券取引所に株式を上場させる計画。J&Jはこの新会社にも16%出資し、さらに16%を追加出資する権利も取得した。アクテリオンの研究開発力を評価し長期的な関係を築く。

アクテリオンは1997年の創業。業界大手のノバルティスやロシュの本社があるバーゼルの近郊に本社を置き、スイスを代表するバイオ医薬品企業の1つだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン