2018年11月17日(土)

サッカー

FIFA新会長に欧州連盟のインファンティノ氏

2016/2/27 2:10
保存
共有
印刷
その他

【チューリヒ=原克彦】国際サッカー連盟(FIFA)が26日に実施した会長選挙は、欧州サッカー連盟(UEFA)のインファンティノ事務局長(45)が他の候補4人を破り初当選した。本命不在といわれる中で欧州や南米の加盟協会を中心に支持を集めた。一連の汚職事件を受けて退任したブラッター会長(79)の後任として、事件で損なわれたサッカー界の信頼回復を急ぐ。

弁護士のインファンティノ氏はスイスとイタリアの国籍を持つ。スポーツ研究機関の事務局長を経て2000年にUEFA入りし、09年に事務局長に就任した。当初は会長選の最有力候補だったUEFAのプラティニ会長に金銭授受疑惑が浮上したのを受け、UEFAが擁立を決めた。

会長選では207の加盟協会がそれぞれ1票を投票。1回目の投票では当選に必要な3分の2を獲得する候補が出ず、過半数で決まる2回目の投票でインファンティノ氏が当選した。他の候補ではアジア・サッカー連盟のサルマン会長がアジア・アフリカ勢の支持を集めてインファンティノ氏と競り合ったが、及ばなかった。

FIFAを舞台にした汚職事件では2015年5月と12月に米司法省が放映権を巡る贈収賄などの罪で当時の副会長を含む関係者らを起訴。さらに不透明な金銭授受を理由にブラッター会長やプラティニ氏が活動禁止処分を受けるなど混乱が広がっていた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

堂安(左)は積極的な突破で好機を演出した(16日、大銀ドーム)=共同

 日本もベネズエラも規律を整え、ともに隙は少なかったことが、締まった試合を生み出した。
 日本に許されたスペースは多くなかった。袋小路を無理やりにでもかき分け、得点寸前の好機を作り出している。スルーパス …続き (16日 23:30)

日本―ベネズエラの前半、先制ゴールを決め、駆けだす酒井宏(手前右)と喜ぶ遠藤(同中央)ら(16日、大銀ドーム)=共同

 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは16日、大分市の大分銀行ドームで行われ、日本はベネズエラと1―1で引き分けた。ワールドカップ(W杯)ロシア大会後から指揮する森保監督は、史上初の就任 …続き (16日 22:14)

 【ロンドン=共同】サッカーのイングランド代表に1試合限定で復帰したFWルーニー(DCユナイテッド)が15日、ロンドンのウェンブリー競技場で行われた米国との国際親善試合に後半13分から出場した。得点は …続き (16日 20:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]