/

トルコ大統領が謝罪拒否、ロシア空軍機撃墜で

プーチン氏要求に

【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン大統領は26日、シリア国境付近で撃墜されたロシア空軍機のトルコ領空侵犯を否定したうえで「トルコの首脳から謝罪も補償の提案もなく、犯人への罰則についても聞いていない」と述べた。これに対し、トルコのエルドアン大統領は同日、「領空侵犯をした者こそ謝るべきだ」と述べ、ロシアの謝罪要求を拒否する立場を表明した。双方の舌戦が激化している。

プーチン氏は「トルコは意図的にロシアとの関係を行き詰まりに追い込んでいる」と強調した。駐ロ外交団との会合での発言を国営メディアが伝えた。メドベージェフ首相も撃墜事件について「北大西洋条約機構(NATO)の一員であるトルコからの侵略行為だ」と強く非難。同国への包括的な経済制裁案をまとめるよう関係省庁に指示した。

具体的には(1)両国の共同事業の凍結や見直し(2)トルコ産品の輸入制限や禁輸(3)ロシアでのトルコ系企業の活動の制限――などを検討項目に挙げた。ウリュカエフ経済発展相によると、ロシアが協力して進めてきたトルコ初のアックユ原発建設計画や同国経由でロシア産天然ガスを欧州に運ぶパイプライン構想も見直しの対象になる。

一方、トルコのエルドアン大統領は26日、両国の共同事業を見直すとしたロシア首脳の発言について「話し合いをせずに感情的な声明を出すのは正しくない」と批判した。

トルコのチャブシオール外相もロシア軍機の撃墜について「謝罪する必要はない」と明言した。これまでトルコ領空の侵犯の有無を巡って両国の主張は大きく食い違っており、対立は長期化するとの見方が広がっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン