/

この記事は会員限定です

「ロ朝鉄道に中韓の資本も」 ロシア極東発展省次官に聞く

[有料会員限定]

【モスクワ=田中孝幸】ロシア極東発展省のシェレイキン次官はモスクワで日本経済新聞の取材に応じ、ロシアが北朝鮮国内で着手した大規模な鉄道改修事業について、将来的に中国や韓国など周辺各国からの資本参加を受け入れる可能性を示唆した。ロシア極東への外国企業の進出支援を担う新たな専門機関をつくる考えも明らかにした。

北朝鮮の総延長3500キロメートルの鉄道整備・改修は10月のガルシカ極東発展相の訪朝時に合意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン