反中派の元議員2人を逮捕 香港警察

2017/4/26 19:43
保存
共有
印刷
その他

【広州=共同】香港警察は26日、昨年11月に立法会(議会)への出席が禁じられていたにもかかわらず議場に乱入したなどとして、違法に集結した疑いなどで、反中国派の元議員、梁頌恒氏と游●禎(●はくさかんむりに惠)氏を逮捕した。2人は同日保釈された。香港メディアが伝えた。

2人は昨年10月の立法会での就任宣誓で「香港は中国ではない」と記した幕を掲げるなどして、議会への出席を禁じられたが、同11月2日、秘書らと共に乱入。阻止しようとした警備員らともみ合いになり、複数の負傷者が出た。

2人はその後、中国の介入により議員資格を事実上剥奪された。香港政府が申し立てた資格取り消しを求める司法審査で敗訴し、現在、終審法院(最高裁)に上訴中。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]