/

この記事は会員限定です

タイ、観光客最大100万人下振れ見通し 爆弾テロ影響で

[有料会員限定]

【バンコク=小谷洋司】タイ政府は26日、首都バンコクで17日夜に起きた爆弾テロの影響で、2015年の訪タイ外国人観光客数が最大100万人下振れするとの見通しを明らかにした。観光収入にして700億バーツ(約2350億円)の影響となる。当局は観光客に安心感を与えるべく警戒態勢を強化している。バンコクだけで警察官など4千人を観光地や繁華街に追加配置し、警戒にあたっている。

観光業はタイの主力産業の一つで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン