/

マービン・ミンスキー氏が死去 「人工知能の父」

【シリコンバレー=小川義也】「人工知能(AI)の父」として有名な米マサチューセッツ工科大学(MIT)のマービン・ミンスキー名誉教授が24日、脳出血のため死去した。88歳だった。MITが25日発表した。

1927年、ニューヨーク生まれ。50年に米ハーバード大学を卒業後、54年に米プリンストン大学で数学の博士号を取得。58年からMITで教べんを執った。56年、米ダートマス大学で開かれた会議で、AIという研究分野を提唱。59年にMITにAI研究所(現在のCSAIL)を共同で設立した。85年にはMITメディアラボの創設にもかかわった。

AI研究の発展や産業への応用に貢献した功績により、69年にコンピューターサイエンス分野の最高の賞である「チューリング賞」を受賞。90年には「日本国際賞」を受賞した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン