韓国メディア「全然北朝鮮らしくない」 金正恩氏描いた映画

2014/12/26付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】北朝鮮の金正恩第1書記暗殺計画を描いたコメディー「ザ・インタビュー」の米国での上映を受け、韓国メディアも26日、批評や観客の反応を相次いで伝えた。東亜日報は北朝鮮脱出住民(脱北者)の記者による記事で「全然北朝鮮らしくない」などと酷評した。

記事は、制作者に北朝鮮の知識がなく「韓国人の平均的な常識にも至らない」と指摘。「金正恩(第1書記)はむしろこの映画を北朝鮮で上映したいのではないか。『米帝(米国)が、われわれを歪曲(わいきょく)し、ばかにしている証拠だ』として」と評した。

別の映画評論家も同紙で「金正恩という人物に対する(作品の)態度が曖昧で、同氏や体制を鋭く風刺したとは言いづらい」と解説した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]