アルゼンチン大統領選、与党の左派優位 25日投開票

2015/10/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンパウロ=宮本英威】南米アルゼンチンで、フェルナンデス大統領の任期満了に伴う大統領選挙まで1カ月を切った。貧困対策を重視してきた左派のフェルナンデス政権の路線が継続されるかどうかが焦点だ。高インフレやデフォルト(債務不履行)問題を抱えるが、国内では依然としてフェルナンデス氏の人気は高く、後継候補が優位に立っている。

10月25日に投開票される選挙には、6人が立候補している。世論調査では、与党…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]