2018年11月16日(金)

VW投資家が集団訴訟へ 米法律事務所が参加呼びかけ

2015/9/26付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=山下晃】米法律事務所のロビンス・ゲラー・ルドマン・アンド・ダウドは25日、排ガス試験での不正を認めたドイツのフォルクスワーゲン(VW)を相手取り、同社の米預託証券(ADR)を購入して損失を被った投資家による集団訴訟を起こす手続きを始めると明らかにした。再建を目指すVWは不正の是正費用や当局の制裁金に加え、損害賠償といった経営リスクなども背負うことになる。

ロビンスは2010年11月から不正問題が発覚する前の15年9月までの間にVWのADRを購入した投資家に、集団訴訟への参加を呼びかける。ディーゼルエンジンの環境規制を巡る今回の不正の発覚で、VWの株価は一時、4割以上下落して、投資家が損失を被ったとしている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報