2018年12月14日(金)

フランス、「核のごみ」施設拡張へ 一時保管の満杯迫る

2015/11/26 12:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フランスが原子力発電所から出る「核のごみ」を一時的に保管する施設の拡張に乗り出した。既存施設が近く満杯になることに加え、最終処分場の完成時期が遅れる可能性が出てきたことが影響しているとの見方もある。最終処分場の建設は日本を含む各国の課題になっているが、電力の75%を原発に頼るフランスでも建設が簡単ではない実態が浮き彫りになった。

国が株式の8割強を保有する原子力大手アレバは保管能力を75%拡張す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報