/

北朝鮮、飛翔体を数発発射 短距離ミサイルか

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国合同参謀本部によると、北朝鮮は26日朝6時49分ごろ、江原道旗対嶺一帯から不詳の飛翔(ひしょう)体を数発、発射した。飛行距離は250キロメートルあまりで、米韓両軍が分析している。短距離ミサイルとみられる。韓国軍は追加挑発に備え、警戒を強化した。日本政府関係者は日本の安全保障に直接影響はないとの見方を強めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン