バルカン半島に難民受け入れ先10万 欧州首脳が合意

2015/10/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ブリュッセル=森本学】欧州を目指す難民らの流入が集中するドイツやバルカン半島諸国など11カ国の首脳は25日、ブリュッセルで難民問題への対応を協議し、難民らの一時的な避難施設など受け入れ先約10万カ所をギリシャ国内などに設けることで合意した。自国に流入した難民らを隣国に送り出すなど、負担の"押しつけ合い"をしないことも約束した。

首脳会議は欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のユンケル欧州…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]