アルゼンチン大統領選、決選投票へ 与野党が拮抗

2015/10/26付
保存
共有
印刷
その他

【ブエノスアイレス=宮本英威】南米アルゼンチンの大統領選挙は25日に投開票が行われ、この日の投票では決着がつかない見通しとなった。野党で中道右派のマウリシオ・マクリ・ブエノスアイレス市長(56)、与党で中道左派のダニエル・シオリ・ブエノスアイレス州知事(58)の上位2人が11月22日の決選投票に進みそうだ。

選管当局の発表(開票率約80%)によると、得票率はマクリ氏とシオリ氏がともに35%強でほ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]