トランプ氏、「米国第一」具体策は 議会演説へ
外交・安保政策で与野党の協調不可欠

2017/2/27 0:53
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は28日、米議会上下両院合同本会議で初めて演説する。ロシアや北朝鮮、中東など課題山積の外交・安全保障政策のほか、減税やインフラ投資などの経済政策について方針を明らかにする見通しだ。選挙戦で「米国第一」を訴えてきたトランプ氏が、実現に向けた具体策をどこまで提示できるかが鍵となる。

 大統領は1月に政権運営の大枠を議会に示す一般教書演説を議会で実施するが、新たに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

米国政府ドナルド・トランプ北朝鮮中東ロシア

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 21日 2:00
21日 2:00
関東 21日 12:22
21日 2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 21日 2:00
20日 22:00
東海 21日 22:15
21日 20:30
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 21日 18:17
21日 16:16
中国 21日 2:00
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
14:32
21日 19:43

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報