/

この記事は会員限定です

スペイン、反EU派躍進か 総選挙投票始まる

急進左派、第2党の勢い カタルーニャ独立再燃も

[有料会員限定]

【マドリード=竹内康雄】スペイン総選挙の投票が26日始まった。英国が23日の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めたのを受け、EUに反発する急進左派の新興政党がどれだけ勢力を伸ばすかが焦点だ。世論調査では第2党に浮上するとの分析が多い。ユーロ圏4位の経済大国とEUの距離が広がれば、EUの枠組みが一段と揺さぶられる恐れがある。

スペイン下院は定数350議席で任期は4年。投票は午後8時(日本時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン