/

この記事は会員限定です

ロシア、6年ぶりマイナス成長 15年GDP3.7%減

[有料会員限定]

【モスクワ=田中孝幸】ロシア連邦統計局は25日、2015年の同国の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年比で3.7%減ったと発表した。主力輸出品で歳入の半分を依存する原油の価格下落や、ウクライナ問題を巡る欧米の対ロ経済制裁が響いた。マイナス成長はリーマン・ショック直後の09年以来、6年ぶり。

通貨ルーブル安で年率10%超に加速したインフレで個人消費が大幅に落ち込んだうえ、国内外からの企業投資も制裁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン