/

この記事は会員限定です

金融「脱シティー」模索 AIGやロイズ

[有料会員限定]

【ロンドン=小滝麻理子】英国の欧州連合(EU)離脱に備え、金融機関がロンドンの金融街シティーからの機能移転を探る動きが出てきた。同じ免許で自由にEU域内の業務ができる「単一パスポート制度」を英国が維持できなくなる事態を懸念しているためだ。ドイツやフランスなど大陸欧州諸国は金融機関を奪う好機とみて誘致合戦が白熱している。

「今後1年以内に欧州の本社機能を英国からほかのEU加盟国に移す決断をする可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン