/

子ども・女性500人拉致との報道 ボコ・ハラム

【ナイロビ=共同】ロイター通信は24日、ナイジェリア北東部ボルノ州ダマサクで、イスラム過激派ボコ・ハラムが「500人以上の子どもや女性を拉致し、うち約50人を殺害した」との地元住民の証言を報じた。

ニジェールとの国境近くにあるダマサクは昨年11月にボコ・ハラムに制圧された。ニジェールとチャドの軍が今月に奪還したが、町からはボコ・ハラムに殺害されたとみられる70人以上の遺体が見つかった。

ロイターによると、ボコ・ハラムは町から撤退する際に「(子どもや女性は)奴隷でわれわれの所有物だ」と言い、連れ去ったという。

ボコ・ハラムは昨年4月に女子生徒200人以上を拉致し、国際社会の非難を浴びた。今月には中東の過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うと宣言した。ナイジェリアと周辺国の軍は連携してボコ・ハラム掃討作戦を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン