台湾の馬前総統に無罪判決 情報漏えい問題

2017/8/25 22:31
保存
共有
印刷
その他

【台北=共同】2013年に台湾政界の司法介入問題を巡る捜査情報を外部に漏らしたとして情報漏洩の罪などで起訴された馬英九前総統について、台北地方法院(地裁)は25日、無罪判決を言い渡した。

馬氏は捜査を指揮した検察トップから報告を受けた捜査状況を行政院長(首相)らに漏らしたが、判決は総統の職権範囲内の行為であり違法ではないと認定した。

司法介入問題は、会計法違反に問われていた民主進歩党(民進党)の立法委員(国会議員)から当時の王金平立法院長(国会議長)が依頼を受け、法務部長(法相)らに上訴断念を働き掛けたとされ、検察が捜査していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]