/

独VWのブランド価値、1兆2000億円毀損 英社調べ

【ニューヨーク=杉本貴司】排ガス不正問題を受けて独フォルクスワーゲン(VW)のブランド力が急落している。英調査会社ブランド・ファイナンスは24日、VWのブランド価値がすでに100億ドル(約1兆2千億円)毀損したとする調査結果を明らかにした。ブランド力が向上している局面での失態で、信頼回復への道のりは遠いとみている。

ブランド・ファイナンスによるとVWのブランド価値(傘下企業除く)は不正発覚前には310億ドルで、自動車メーカーとしてはトヨタ自動車(同、350億ドル)、独BMW(同、331億ドル)に次ぐ3位。不正発覚でブランド価値が3割も毀損したことになる。同価値が2014年の270億ドルから急上昇していた矢先だったとしている。

不正の追及は欧州も含め世界規模に広がっており、現時点で信頼回復までにどの程度の時間が必要かは読み切れない。ブランド・ファイナンスが比較対象としてあげたのが、09~10年に米国で大規模リコール(回収・無償修理)を起こしたトヨタだ。

当時のトヨタのブランド価値の下落幅は2年で10%にとどまった。それでも同価値がリコール問題以前の水準に戻ったのは14年になってからだという。今回のVWの不正問題ではすでに価値の下落率が3割を超えており、当時のトヨタと比べても深刻なようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン