/

この記事は会員限定です

米政権、科学軽視の姿勢 18会計年度予算が大幅減

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】トランプ米政権の科学軽視の姿勢が鮮明になっている。2018会計年度(17年10月~18年9月)の予算方針で、科学技術予算を大幅に削減。実際の予算は議会が審議・承認するため、このまま成立するとは限らないが、トランプ政権は目の敵にする地球温暖化対策も狙い撃ちにしている。

「カネの無駄づかいだ」。マルバニー米行政管理予算局長は温暖化対策予算をこきおろした。省庁別で減額が前年度比で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン