/

米ツイッター、140文字制限を一部緩和 写真や動画を対象外に

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ツイッターは24日、今後数カ月のうちに、投稿をかえす時のアカウント名、写真や動画を140文字の制限対象から外すと発表した。スマートフォン(スマホ)を通じたやりとりで感情を伝えるために加工した画像、動画などを使うことが増えているためだ。制限自体を撤廃するとの噂もあったが、基本的な仕組みは維持した。

見直し後は、写真や動画を引用した際に必要となる24文字分などが制限から外れる。投稿を140文字以内とする制限はツイッターの象徴でもある。見やすい形で投稿が並び、人気が出た。だがスマホに慣れ、長年ツイッターを使ってきた利用者にとっては、制限に不自由さを感じる場合も増えていた。ツイッターは一部の愛好者の利用頻度は高いが、新規利用者の獲得に苦しんでいる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン