エボラ患者と接触の全渡航者を強制隔離 NY州など

2014/10/25付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=川合智之】米ニューヨーク、ニュージャージー両州が24日、エボラ出血熱の患者と接触した渡航者全員の強制隔離に踏み切った。ギニアから帰国したニューヨーク市の医師(33)の感染が同日確認され、渡航者に自主的な報告を求める米政府の感染封じ込め策では不十分だと判断したからだ。

ニュージャージー州保健当局は24日、シエラレオネでエボラ出血熱の治療に携わりニューアーク国際空港に着いた女性の医療従…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]